まんがツアー・シンポジウム

トップページ > まんがツアー・シンポジウム

「コアックマ&アックマと行く札幌観光バスツアー」が終了しました

平成25年2月9日(土)に、「コアックマ&アックマと行く!札幌観光バスツアー」を行いました!
昨年行われた「マンタビ×オータムフェストツアー」に引き続き、多数のご応募をいただきありがとうございました。
今回は初となるご当地キャラ「コアックマ&アックマ」と一緒に札幌観光をするツアーでは、31名の参加者と共にバスで札幌市内をまわり、当日配布する旅のしおりを元に写真撮影や最後に参加者限定スペシャルライブを行う等、当日は楽しいツアーとなりました。
そのツアーの様子をご報告します。
■10:00集合
<中央バスターミナル4階 会議室>
◇事前アンケートの記入
◇事務局より当事業の説明
◇ツアーガイドの紹介 当ツアーに同行するスタッフを紹介。
㈱ベガースウィンドル 代表取締役 須川 雅史 氏(左) 中山 法子 氏(右)※ガイド

㈱ベガースウィンドル 代表取締役 須川 雅史 氏(左) 中山 法子 氏(右)※ガイド

■10:20 ツアー開始
<中央バスターミナルから徒歩でテレビ塔へ>
◇中央バスターミナルから目的地へ徒歩で移動
最初に向かったのは、雪まつりやYOSAKOI、そして北海道観光雑誌『北海道Walker』と、様々なシーンに登場したさっぽろテレビ塔。コアックマ&アックマのお友達、『テレビ父さん』『ツブキビタイツマン』『ジンギスカンのジンくん』がお出迎え。みんなと一緒に写真撮影。

さっぽろテレビ塔を背景に写真撮影 コアックマ(左)ツブキビタイツマン(中央)テレビ父さん(中央右上)ジンギスカンのジン君(右2番目)アックマ(右)

<中央バスターミナルからバスで白い恋人パークへ>
◇バス出発⇒コアックマ&アックマに関するカルトクイズ大会

バス出発⇒白い恋人パークへ

クイズ大会 ㈱ベガースウィンドル 桶野氏 ガイド

<白い恋人パークで工場見学&写真撮影>
北海道銘菓『白い恋人』で有名な石屋製菓の生産工場『白い恋人パーク』を当キャラクターと一緒に見学。札幌の観光施設として紹介。旅のしおりを見本にその背景と一緒に参加者みんなで写真撮影。

白い恋人パークを案内するアックマ

旅のしおりを見本に記念写真

<羊が丘展望台>
◇クラーク博士を背景に写真撮影
コアックマとアックマが初めてロケをしたのがこの場所。お菓子メーカー『ロッテ』のガム『Fit’s』のダンスコンテストで撮影しおり、見事北海道1位を獲得した当キャラクターにとってゆかりのある場所として紹介。旅のしおりを見本にその背景と一緒に参加者みんなで写真撮影

旅のしおりを見本に記念撮影

アックマ作 アックマ雪だるま

<インタークロス・クリエイティブ・センター>
◇アックマの部屋見学&音楽ライブ
ファンのリクエストが一番多かったのは、『アックマ様のアジトに行きたい!!』との声。そんなリクエストにお応えし10畳1間のアジトに案内された参加者は大興奮!!今年春には取り壊しになり、最初で最後の『アックマ様のアジト』を公開!!最後にツアー参加者への感謝の意味も込めて参加者限定のスペシャルライブを開催した。

アックマ様のアジト初公開 記念撮影

参加者限定スペシャルライブ

■17:00
<バス出発⇒コアックマ・アックマお見送り>

コアックマ&アックマがツアー参加者のお見送りをしている様子

コアックマ&アックマがツアー参加者のお見送りをしている様子

■17:30
<中央バスターミナル4階 会議室 終了>
◇事後アンケート記入 終了

事後アンケート記入の様子

コアックマ&アックマと行く札幌観光 ツアー参加者大募集!!(※申し込みは終了しました)

コアックマ&アックマと行く札幌観光バスツアー

「マンタビ」は、札幌発のマンガやキャラクターの縁やゆかりのある場所・シーンについて紹介していく聖地巡礼ツアーです。
3弾となる今回は、北海道のご当地キャラクター「コアックマ&アックマ」と一緒に札幌の街を観光し、ヒミツのアジトにも潜入します!
ガイド役はもちろんコアックマ&アックマ本人。すべてのスポットにコアックマ&アックマが同行します!
事前に配布する「旅のしおり」に掲載された「シーン写真」と同じ構図でみんなで記念撮影をしましょう☆
*集合記念写真はスタッフによる撮影のみとなります。後日みなさまに郵送にてお送りいたします。
コアックマ&アックマと一緒に旅ができる貴重な体験ができるのは、マンタビだけ!!

2012.9.27(木)

マンタビ×オータムフェストツアーが終了しました

平成24年9月23日(日)に、「マンタビ×オータムフェストツアー」を行いました!
昨年行われた「マンタビ モニターツアー」に引き続き、多数のご応募をいただきありがとうございました。
今回のツアーでは、30名の参加者と共にバスで札幌市内をまわり、最後にはオータムフェストを楽しみました。
そのツアーの様子をご報告します。
■13:00集合
当事業の概要を説明し、「マンタビ×オータムフェストツアー」に同行してくださるガイドをご紹介。
一人目は、法政大学大学院 政策創造研究科でコンテンツ産業について研究し、まちおこしのアドバイザーなどでもご活躍されている増淵敏之教授。
二人目は、出版社兼マンガの制作をし、マンガ「義男の空」を発行している、有限会社エアーダイブの田中宏明社長です。
増淵敏之教授

増淵敏之教授

田中宏明社長

田中宏明社長

 

■13:20 ツアー開始
<北海道大学>
バスに乗車して出発! 本日は晴天です。
社内では、早速増淵先生から札幌の街づくりの歴史やプチ情報など披露していただきました。
最初に向かったのは北海道大学です。
札幌に住んでいながらも、意外と構内に踏み入れるきっかけがない北海道大学。
ここでは「薔薇のために」で描かれた北海道大学の正門。そして「華麗なる食卓」で描かれている正門前の掲示板やクラーク像の撮影ポイントに行き、作品の紹介をしました。
北海道大学正門前

北海道大学正門前

北海道大学クラーク像前

北海道大学クラーク像前

<札幌競馬場/札幌市中央卸売場外市場>
競馬場や市場は車中から見学。
競争馬を育てるストーリーの「じゃじゃ馬グルーミン☆up!」や初の女性騎手のストーリーである「Pony Tail」、札幌ゆかりのマンガ家である佐々木倫子先生の「Heaven?」などの紹介をしました。
<狸小路>
現在でも少女マンガ界で活躍を続ける、いくえみ綾先生の「ベイビーブルー」で描かれた狸小路。
作品の雰囲気感を楽しみながら、各々撮影を行います。
狸小路

狸小路

<中の島>
中の島は「義男の空」の主人公である髙橋義男先生が少年期を過ごした場所です。
髙橋先生が住んでいた家の周辺からはじまり、中の島神社、少年時代の基地、さけますふ化場など、ノスタルジックな雰囲気が残る舞台を田中社長の解説を聞きながら回りました。
マンガを制作するうえでの裏話をたっぷり聞けた参加者は、心躍るひと時を過ごしていました。
中の島神社

中の島神社

義男の基地跡

義男の基地跡

<テレビ塔/大通公園>
テレビ塔では、「札幌まんがLayar」をご紹介しました。
「義男の空」に出てくるテレビ塔のシーンと同じ構図の写真撮影に挑んだり、ルートの検索をしてみたりと、スマートフォンのAR技術を体験しました。
このほか、テレビ塔や大通公園が舞台になっている、いくつものマンガ作品やアニメ作品の説明も行いました。
テレビ塔

テレビ塔Layar体験

■16:40
<オータムフェスト>
いよいよツアーも終盤。オータムフェストに向かいます。
オータムフェストは大通公園の4丁目~8丁目で行われる秋のお祭り。「北海道・札幌の食」をテーマとし、道内各地の旬の食材、ご当地グルメやラーメン、道産のとっておきのお酒などの美味しいものが集まります。
ツアーの参加者も、好きな会場に赴き、北海道・札幌の食を楽しみました。
オータムフェスト

オータムフェストの様子

■18:00
最後は参加者全員に、有限会社エアーダイブの田中社長から「義男の空」のサイン色紙をプレゼント!
笑顔があふれる記念写真の撮影でツアーは終了しました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
サイン

色紙にサインする田中社長

記念写真

記念写真

過去の記事一覧へ